ストレスは男女性欲の影響

アメリカの調査では、21 %の男性はストレスの前、その性欲がアップするということです。性行為後、機体が血圧が下がって、脈が遅いなどの表現、緊張や興奮状態などを改善し、機体は1種の休みの抑制状態。そのため無意識に、男性は性愛を選択して、大きなストレスを解放することができます。

もちろん、長期ストレスが大きい男性勃起問題による男性勃起問題がありました。これは身体から準備「戦闘や撤退”時、血液の流れからペニス心臓や筋肉による勃起問題。男性の睾丸ホルモンが女性よりも高く、脱圧力のマイナス作用の所要時間も短く。

同様のストレスが女性に現れたら、いろいろな不良の結果が生じる。一方、ホルモンの減少を性欲直線低下、膣潤滑度を下げて、高潮感は明らかに弱まって、ある人さえ出てくる性冷淡現象。また、ストレスホルモンは排卵につながる可能性遅延現象が起きて、もしコルチゾールレベル一時期続いて上昇につながる可能性は、続いてまだ閉経。あとは研究し発見に従事して、高圧働く女性の月経期の可能性、人より短く、かつ容易に流産。

ブログURL: 女性向け媚薬はストレスを解消したい!
記事URL: ストレスは男女性欲の影響

Tags :
カテゴリー: ストレスの原因